早稲田大学商学部に合格したY君との対談

Yは教えてきた生徒の中で一番印象に残っている。

自分を厳しく見つめることが出来る生徒だった。駄目なときでも現状分析を欠かさず、最期まで気持ちを切らなかった。他人に優しく、自分に厳しく。

夏まで部活、それから浪人して早稲田合格というのは多くの受験生に参考になるだろう。

私もやはり若かったな…。進度表を一番うまくつけられた生徒で、彼の進度表は私も挫けそうになる時にみると奮い立たせられる。

Yの進度表で一番印象に残っているのは「人間的に生きるためには、ある意味非人間的にまで管理しないと自由は得られない」というセリフ。

体が弱いからといって、諦めるのではなく、持っているものをすべて使って最後までやり抜く。最後まで諦めないことを強く教えてくれた生徒だった。

 

元気でやってくれていると嬉しい。

Yに教えたことよりYから学んだことの方が多い。

塾のサイトにもあるのだが、見にくいので再掲。記録すること、駄目なら駄目でどうすればよいか考えること。諦めずに考えること。学べることは多くあるはず。

 

Y君(早稲田大学商学部など合格:海星高校6年制卒業生)との対談 2010年3月

 

[ 14:02:10] 私 : んじゃ、準備できたらやっていきましょうか。

[ 14:02:21] Y 君 : はい

[ 14:03:10] 私 : 進度表開いてくれるかな?

[ 14:03:17] Y 君 : はい。

[ 14:03:22] Y 君 : 開きました。

[ 14:03:52] 私 : んじゃ、振り返りながらやっていくことにしましょうか。

[ 14:04:05] 私 : とりあえず大学は慣れたかい(笑)?

[ 14:04:14] 私 : 体がしんどいみたいだけどさ。

[ 14:04:15] Y 君 : ぼちぼちです(笑)

[ 14:04:40] Y 君 : 最初は体力なさすぎて死にそうでした(涙)。

[ 14:05:17] 私 : まあ、初めはそうだよね。一人暮らしはつかれるもんだからさ(笑)。

[ 14:05:27] Y 君 : はい(涙)

[ 14:05:49] 私 : ハイソ * [1] はどう?新入生いまどれくらい入るの?

[ 14:06:12] Y 君 : 今、 32 人くらいですね~

[ 14:06:23] 私 : おお、やっぱりでかいな。

[ 14:06:38] Y 君 : はい、今年は多いそうです

[ 14:06:45] 私 : 夏くらいにライブかね?

[ 14:07:01] Y 君 : 7 月に僕たちは演奏します。

[ 14:07:34] 私 : 一年生だと、基礎連とメジャーな曲の練習ばっかりかね。

[ 14:07:40] 私 : 理論も知らないだろうし。

[ 14:07:59] Y 君 : まぁあまり教えられませんが(笑)。

[ 14:08:12] Y 君 : 基本的に聞きに行かないとダメなんですよ。

[ 14:08:33] 私 : ああ、また合格祝いに理論の本でもプレゼントしますよ。

[ 14:08:46] Y 君 : ありがとうございます~(笑)

[ 14:08:48] 私 : 理論はしらんとソロはとれない。

[ 14:09:55] 私 : ダンモ * [2] みたいにスモールコンボ志向じゃないだろうから、理論はそんなにやらないかもしれないけどね。ソリストになるつもりで頑張れ(笑)。

[ 14:10:05] 私 : ソリストは、全然違うだろ?(笑)

[ 14:10:10] Y 君 : はい(涙)

[ 14:10:16] Y 君 : そうですね~

[ 14:11:23] 私 : ま、下手な人とやってたらうまくならないんで、恥をかきながらやりましょう(笑)。

[ 14:11:51] Y 君 : はい(涙)

[ 14:11:52] 私 : 君の受験そのものが、ビハインドからのスタートだったしね(笑)。食らいつくのは得意じゃない(笑)。

[ 14:12:13] Y 君 : そうですね(笑)

[ 14:12:19] 私 : よし、じゃあ、長い受験生活を当初から振り返っていきましょう。

塾に来た経緯

[ 14:12:46] 私 : みんなに聞いているんだけれど、私の所に来た経緯はどうだったかな?

[ 14:13:09] Y 君 : 僕の場合は、私からのスタートですね。

[ 14:13:24] 私 : だね。

[ 14:14:21] 私 : ブラバン * [3] に燃えていた 8 月途中から、私の過去問演習クラスに入るというめちゃくちゃきついプランだったわけだよね(笑)。

[ 14:14:31] Y 君 : はい(笑)

[ 14:14:33] 私 : 初め、しかも政経はメイン科目じゃなかった * [4] よな(笑)?

[ 14:14:52] Y 君 : そうでしたよね!?

[ 14:15:00] Y 君 : すげぇ(笑)。

[ 14:15:09] 私 : いま、 8 月見てるんだけどさ。

[ 14:15:33] 私 : 英文法仕上がってない、古典文法、単語も仕上がってない、政経は始めたばっかり(笑)。

[ 14:16:00] 私 : これで早稲田狙おうというのが狂ってるプランだな(笑)。改めてみるとさ(笑)。

[ 14:16:14] Y 君 : 無謀ですな~(笑)

[ 14:16:49] 私 : 高1の時の全統の総合偏差値が 40 前半だもんな(笑) * [5] 。

[ 14:17:18] Y 君 : うん、全く勉強してなくて、でもなんとかなると思ってた、そんな時期です。

[ 14:17:20] Y 君 : (笑)

[ 14:17:48] 私 : 高 3 までは部活三昧の日々だったんだよね?

[ 14:17:55] Y 君 : はい(涙)

[ 14:19:32] 私 : で、私のところに来て、早稲田を狙おうと言うことになったわけですが、正直初めはきつかったんじゃない(笑)?あのときのクラスはまた、レベル高かったしね(笑)。

[ 14:20:27] Y 君 : ああ、クラス平均偏差値狂ってましたよね * [6] (笑)。

あれはきついなんてもんじゃないです(笑)

[ 14:20:36] 私 : うん(笑)。

[ 14:21:07] 私 : しかも、あのとき、 Y は通常授業に加えて、英語や国語も補習で教えてたからね * [7] (笑)。

[ 14:21:23] Y 君 : ひぇ~

政経は大きい

[ 14:21:49] 私 : でも、偏差値見ると 2008 年の第 2 回全統記述で政経の偏差値 74.2 とってるぞ(笑)。

[ 14:22:02] Y 君 : あれ、そうですか?(笑)

[ 14:22:04] 私 : それでも、あのクラスでは一番じゃなかったしな(笑)。

[ 14:22:09] 私 : うん(笑)。

[ 14:22:22] Y 君 : はい、やっぱりおかしいです(笑)

[ 14:22:33] 私 : 夏は、政経全範囲の解説に加えて過去問の解説までしてたからな(笑)。

[ 14:22:53] Y 君 : ああ、正直何がなんやらでした(笑)

[ 14:23:40] 私 : ただ、受験全体を通してみると、政経じゃなかったら早稲田はうからなかったな(笑)。

[ 14:24:00] Y 君 : はい、間違いなく日本史・世界史では勝てなかったです(笑)

[ 14:24:09] Y 君 : ムリだ(涙)

[ 14:25:01] 私 : 現役の時に、政経は勝負出来るレベルまで鍛えたから、浪人の時に英語・国語に突っ込めたもんね。 * [8] 正直、時間考えると選択の余地はなかったんだけどさ(笑)。

[ 14:25:33] Y 君 : はい、これをやるしかないという感じでした(笑)。

[ 14:26:21] 私 : 現役の時は、教材も最小限にしてギリギリ届くところまで設計したけど、それでも時間たりなかったもんね。

[ 14:26:41] Y 君 : はい(涙)

内職で時間を稼がざるを得なかった

[ 14:26:57] 私 : ま、君は内職の帝王だったからさ * [9] (笑)。無茶苦茶な量やってくれたけど。それが浪人になって生きたわけだね(笑)。

[ 14:27:32] Y 君 : そうですね~、今思うと内職ができてよかったなぁと(笑)。

[ 14:27:43] 私 : うん。本当に。

[ 14:27:58] 私 : 9 月の学習時間のほうが、夏より多いぜ(笑)。みてごらん(笑)。

[ 14:28:17] Y 君 : あ、ほんとだ(笑)

[ 14:29:28] Y 君 : 「内職可」の教材がいっぱい(笑)。

[ 14:29:50] Y 君 : いや、いい環境でしたね~、あの学校は。

[ 14:29:57] Y 君 : 先生も理解してくれましたし。

[ 14:30:12] 私 : まあ、あのときは毎日どれだけ内職出来るか報告してもらってたりしたもんね。

[ 14:30:21] 私 : 正直、胃が痛い日々でした(笑)。

[ 14:30:34] Y 君 : そうですね(涙)

[ 14:31:47] 私 : 9 月にリズムを作って、 10 月からは大分良くなったよね?

学校行事があると崩れやすい

[ 14:32:23] Y 君 : まぁ最初はいい調子だったんですがねぇ。

[ 14:32:30] Y 君 : 文化祭で崩れました。

[ 14:32:49] 私 : うん。

[ 14:33:01] 私 : 現役生で一番大きいのは学校行事だよね。 * [10]

[ 14:33:07] Y 君 : はい。

[ 14:33:35] 私 : 対談して、みんな文化祭や体育祭で崩れたのが一番大きいって言ってるね。

[ 14:33:44] Y 君 : 間違いないですね。

[ 14:33:53] Y 君 : これは断言できます。

[ 14:35:01] 私 : 3 日休んだら

[ 14:35:15] 私 : 一日 500 分でも 1500 分

[ 14:35:40] 私 : ギリギリまで勉強している状態だと一日 30 分増やすのでもきついもんね。

[ 14:35:52] 私 : 単純計算でも 50 日だからな。

[ 14:36:02] Y 君 : 難しいですね~

[ 14:36:21] 私 : 10 月はベースが出来てきた時期だっただけに、後半の崩れは痛かったね。

[ 14:36:59] Y 君 : はい、あそこでうまく息抜き等をできていれば結果は大きく変わっていたかもしれませんね。

[ 14:37:06] 私 : うん。

[ 14:37:55] 私 : 知識が追いつかないけれど、テクニックは完璧にするという方針で現役の時は行ったわけです。

[ 14:38:01] 私 : 国語なんか今見ると

[ 14:38:09] 私 : 信じられないくらい悪い(笑)。

[ 14:38:18] Y 君 : ははは(笑)

[ 14:38:45] 私 : 第 2 回全統記述模試、偏差値 43.2 だもん(笑)。

[ 14:38:57] Y 君 : 何やってんだ(笑)

[ 14:39:15] Y 君 : 模試とはいえひどいですね~

過去問演習は必須

[ 14:40:08] 私 : ま、でも過去問ではダンダンとれるようになっていったからさ。

[ 14:40:46] Y 君 : そうですね、過去問で勘をつかんでいったという感じはあります。

[ 14:41:23] 私 : 本当に模試の成績って合否と関係ないよな(笑)。 * [11]

[ 14:41:31] Y 君 : はい(笑)

[ 14:41:49] 私 : 第 3 回全統記述模試の英語、偏差値 52.1 です(笑)。

[ 14:41:59] Y 君 : おおう(笑)

[ 14:42:18] Y 君 : ナメてる(笑)

[ 14:42:57] 私 : でも、過去問演習やってく間に、 10 月末に関西大学の国語も 80 %位の得点率になってるからな(笑)。

[ 14:43:46] Y 君 : ああ、驚異的に伸びましたよね(笑)。やってく内に上位大学の方が相性がよかったりしましたし。

[ 14:43:53] 私 : うん。

[ 14:44:16] 私 : 早稲田と明治、中央は相性良いのが分かっていたもんね。 * [12]

[ 14:44:25] Y 君 : はい。

[ 14:45:06] 私 : 英語も、選択肢を落とすテクニックは完璧だったよな(笑)。浪人の時より、テクニックは上だったと思います。直読直解 * [13] も教えたけれど、現役の時は習得しきれなかったねー。

[ 14:46:25] Y 君 : テクニックはほんとにすごかった(笑)。

絶対今は昔の自分に勝てないですね。

そうですね~、現役の時は長文読むの全然ダメでした。

[ 14:46:48] 私 : 基礎学力を構築するのに絶対的に時間が足りなかったからね。

[ 14:47:16] 私 : こんなん、 2 年の時から私の所きてたら現役で受かってたよ(笑)。 * [14] 勉強時間考えるとさ(笑)。

[ 14:47:37] Y 君 : なはは(笑)。

[ 14:48:04] 私 : まあ、気が触れたように勉強していって、センターを迎えたわけです。

政経はセンター満点

[ 14:48:51] 私 : 文学部と文化構想は、政経で受験しようとするとセンターを使うしかないんで、第一の関門だったわけですが(笑)。

[ 14:48:58] 私 : 素晴らしかったね(笑)。

[ 14:49:04] Y 君 : はい(笑)。

[ 14:49:31] 私 : 満点だもんな(笑)。

[ 14:49:42] 私 : しかも徹夜、精神状態最悪(笑)。

[ 14:49:51] Y 君 : アホだ(笑)

[ 14:49:53] 私 : 本当に君は本番強いよな(笑)。

[ 14:50:10] Y 君 : なんなんでしょうかね~(笑)

[ 14:51:06] 私 : ぜんぜんみんなの参考にならない(笑)。対談を読んでいる皆さん、この男みたいなアホなことをしてはいけませんよ(笑)。あ、いつも言ってますが、内職を薦めているわけではありませんよ。本当ですよ?(笑)。 * [15]

[ 14:51:43] 私 : な、そうだよな。 Y 。私は積極的に内職を勧めてはない(笑)。

[ 14:51:43] Y 君 : そうですね、内職をすすめてはいません(笑)

[ 14:51:54] 私 : 時間を考えただけだよね(笑)。 * [16]

[ 14:52:12] Y 君 : はい、あの状況ならやむを得ない判断です(笑)

どれも全力は体の良い言い訳だ

[ 14:52:30] 私 : ま、現実問題として、どれも全力って嘘だよな(笑)。

[ 14:52:43] Y 君 : はい(笑)

[ 14:53:06] 私 : どれも適当にやってる事になるもんね。厳しい言い方だけど。

[ 14:54:03] 私 : 優先順位をつけないってことは、どれも均等にいい加減にしてるという事なんだよね。ずっと言っているけれど、なかなかわかってもらえないけどね(涙)。 * [17]

[ 14:54:17] Y 君 : はい(涙)

[ 14:54:23] 私 : 能力差はあっても、受験までの時間は平等だからね。

[ 14:54:34] 私 : そこで工夫するしかないもんね。

[ 14:55:09] 私 : ま、現役の時はこんなボロボロの偏差値ですが、立命館には合格するわけです(笑)。

[ 14:55:21] Y 君 : ありえねぇ(笑)

[ 14:55:34] 私 : 工夫したし、君は、割切って実行できたからね。

[ 14:55:54] 私 : 浪人の時ほどじゃないけど、やっぱり君の進度表はちゃんとしてるよ。

[ 14:56:05] Y 君 : そうですか?

[ 14:56:53] Y 君 : 現役時代のものはあまり機能していないと思ってました。

[ 14:57:37] 私 : ま、進度表の意味を理解できるようになるには、生徒自身が考えないとダメだからね。

[ 14:57:55] 私 : 本当に機能しだしたのは浪人してからだよな。

記録を付ける意味を考え抜いた

[ 14:58:46] Y 君 : はい、間違いなく機能していました。先生への報告だけでなく、自分自身でも考えていたので。 * [18]

[ 14:58:51] 私 : うん。

[ 14:59:40] 私 : よし、話を戻します。ま、立命館受かったけど、当然のように浪人を選択して勉強し始めたわけです(笑)。

[ 14:59:53] Y 君 : 当然のように(笑)。

[ 15:00:29] 私 : 課題はみえてたからね。早稲田が受かればあとは全部落ちても良いというプランでしたね(笑)。

[ 15:00:41] Y 君 : はい(笑)

浪人生時代は暗記物の精度を夏までに徹底的に上げる

[ 15:00:50] 私 : 前半に暗記物仕上げたのはでかかったよね。 * [19]

[ 15:01:13] Y 君 : そうですね~。浪人の途中で死んでたので。

[ 15:01:46] 私 : 体力がないというハンデを抱えて、それどうつきあうかが君の課題だったね。

[ 15:01:52] Y 君 : はい。

[ 15:02:28] 私 : それにしても、浪人時代は、君がエースで引っ張ってもらったから、精神的にもきつかったね。ありがとう。

[ 15:03:15] Y 君 : いえいえ。先代のエースにかないませんが(笑)。

[ 15:04:26] 私 : スピードが課題だったから、演習量を稼いでおくという方針だったからやっぱり 4 , 5 , 6 , 7 の英語はきついよ。みてごらん(笑)。

[ 15:04:56] Y 君 : うわ、なんだこれ(笑)。

[ 15:05:41] 私 : 現役生でやるのはきついね。このプラン(笑)。

[ 15:05:49] Y 君 : はい(笑)

[ 15:06:25] 私 : 君は、問題といて覚えるタイプだったからね。普通の人より演習量を多くとるように学習計画を設計したからね。きついのはまあ仕方ないかも(笑)。

[ 15:06:49] Y 君 : そうですね、単純暗記が嫌いだったので、しょうがないです(笑)

体調管理は重要

[ 15:07:59] 私 : 浪人の一年は体調をベストに保つために、運動も勉強時間にいれてたしな。今見ると過去問演習クラスのチャットおかしいよな(笑)。素振り、 10 分とかさ(笑)。

[ 15:08:20] Y 君 : 懐かしい(笑)そんなこと書いてましたね(笑)

[ 15:08:50] 私 : 浪人生が夜中にバット振ってたら怖いよ(笑)。近所の人はストレスで変になったと思ってたんじゃないかね(笑)。

[ 15:09:20] Y 君 : 否定できないですね~(笑)。

[ 15:09:51] 私 : まあ、筋トレが最期に君を救うわけですが、それは激闘!受験編で話しましょう(笑)。

[ 15:10:02] Y 君 : はい(笑)。

厳しい条件で訓練する

[ 15:10:51] 私 : 浪人生の時の模試は、本番に向けてどれだけきつい状況で受けるかの訓練だったからね。模試の成績はあんまり意味無いですが、

[ 15:11:22] 私 : 第 1 回の全統記述模試で総合 67.4 (笑)。

[ 15:11:42] Y 君 : おおう(笑)

[ 15:11:54] 私 : まあ、時間制限かけなかったら、偏差値 80 はこえたんじゃない?

[ 15:12:00] 私 : 実際はさ。

[ 15:12:14] 私 : 過去問に比べればぬるいもんな。模試(笑)。

[ 15:12:38] Y 君 : ああ、それくらいでしょうね。

はい、激ぬるです(笑)

[ 15:12:54] 私 : ああ、これを読んでいるみなさんにはわからないと思うので、解説しておきます。

[ 15:13:48] 私 : 英語、国語は、制限時間より 30 分短く解くということにしていたんです。早稲田の分量に対応する為にあえてきつい条件で練習したんです。

[ 15:14:27] 私 : 実際、地方受験生は移動だけでもつかれるし、きつい条件で練習しておいて良かったよね。

[ 15:15:19] Y 君 : はい、上京してきて受験というのは、本当にハンデですから。

[ 15:15:27] 私 : うん。

[ 15:15:53] 私 : でも、よく考えれば、君に良い偏差値をとらせた方が宣伝になったんじゃないか(笑)?

[ 15:16:03] Y 君 : あ(笑)

[ 15:16:06] 私 : よし、超編集しよう(笑)。模試最高!(笑)

[ 15:16:17] Y 君 : 模試最高!(笑)

[ 15:16:32] 私 : ま、虚飾を廃してというのがモットーなのでしません(笑)。

[ 15:16:57] 私 : これみて、保護者のみなさんが私の所にやろうとは思わない気もするけどな(笑)。 * [20]

[ 15:17:15] Y 君 : ははは(笑)

[ 15:18:11] 私 : ま、でも極端にやってるから、過去問演習クラスは結果出てるんだよ(笑)。私だって本当はこんな無茶したくないよ(笑)。一年で勝負だからこうなるだけでね。

[ 15:19:04] Y 君 : そうですね~、本来なら二年以上はかかりますから。

[ 15:19:07] 私 : うん。

[ 15:19:27] 私 : 君のスタートの偏差値なら、普通無理です(笑)。

[ 15:19:37] Y 君 : ですよねー

[ 15:19:40] Y 君 : (笑)

[ 15:20:00] 私 : 前半の反省としては、課題克服のために突っ込みすぎて燃え尽きそうになったことだね。

燃え尽きを防ぐ

[ 15:20:13] Y 君 : ああ、そうですね。

[ 15:20:25] Y 君 : ちょっと危なかったです。

[ 15:20:28] 私 : セーブさせるのに必死でしたよ(笑)。

[ 15:20:37] Y 君 : はい(笑)

[ 15:20:43] 私 : あそこで休まなかったら、一年持たなかったしね。 * [21]

[ 15:20:52] Y 君 : 持ちません。

[ 15:21:07] 私 : 君の場合は、時間はそれほどじゃないけど、密度はものすごく高い勉強だったからさ。

[ 15:21:33] 私 : また、エースってことで、授業での消耗度も高かっただろうしね。本当に申し訳ない。

[ 15:23:17] Y 君 : 今思えば大変だったんでしょうかね~。あまりできない問題もありましたし。

[ 15:23:35] Y 君 : いい経験になったとは思います(笑)。

[ 15:24:09] 私 : 期待されるってのは、辛いことでもあるからね。その期待に応えてくれたのを嬉しく思うよ。

[ 15:24:31] 私 : ま、夜のエースとか、夜の昆虫採集とか、夜の打点王とかいろんなことも言われてたよな(笑)。

[ 15:24:48] Y 君 : そうですよ!!ありもしないことを!!(涙)

[ 15:25:17] 私 : しょうがない。これは私のクラスの伝統です(笑) * [22] 。今後も Y 伝説として語り継いで行きます(笑)。

[ 15:25:28] Y 君 : ひどいです(涙)

[ 15:26:24] 私 : 女の子に「私とシステム英単語、どっちが大事なの(涙)?」とか聞かれて、「どっちも大事さ」とこたえたとかな(笑)。凄すぎるぞ、 Y (笑)。 10 代とはおもえんな(笑)。 * [23]

[ 15:27:03] Y 君 : 断じてそんなこと言ってませんよー(涙)

[ 15:27:22] 私 : いや、受験生のみなさん、参考にして下さいね(笑)。

浪人生活はメンタルの維持が厳しい

[ 15:27:57] 私 : 浪人生活は孤独でしんどかったね。 T さん * [24] との一問一答 * [25] なかったらきつかったよね。

[ 15:28:39] Y 君 : そうですね、完全に一人だったら発狂するんじゃないかと思いました。

[ 15:29:02] 私 : うん。

[ 15:29:22] 私 : ま、仲間の存在は大きいよね。

[ 15:29:33] Y 君 : はい。

[ 15:29:46] 私 : 彼女は周りの若さに疲れてるらしいよ(笑)。

[ 15:29:55] Y 君 : あはは(笑)

夏は一度目のピーク

[ 15:30:33] 私 : 夏はちょっとペース戻ったよね。

[ 15:31:13] Y 君 : そうですね~、夏期講習 * [26] で無理矢理にでもやりました。

[ 15:31:34] 私 : 一回夏にピーク作って基礎は固めたからね。

[ 15:32:03] 私 : そのあとに、長いスランプに入るわけですね。

[ 15:32:05] 私 : (笑)。

[ 15:32:18] 私 : 12 月まで完全には調子もどらなかったもんね。

[ 15:32:20] Y 君 : 長いですね(涙)

[ 15:32:27] Y 君 : はい。

[ 15:32:33] Y 君 : 全然ダメでした。

[ 15:32:49] 私 : でも、過去問はどんどん良くなっていっていたね。

[ 15:33:26] 私 : 早稲田は、過去問演習の結果から、商学部と社学が勝つ可能性が高いと言ってたけど、結局初めの予想通りの結果になったね(笑)。

[ 15:33:37] Y 君 : はい(笑)。

[ 15:34:14] 私 : 政経だから、英語、国語で引き離されなければ勝てると思ってたからね。

[ 15:34:28] 私 : 模試の偏差値だとそれでも C 判定くらいだったよね。

[ 15:35:01] Y 君 : はい、それくらいでしたね。

[ 15:35:58] 私 : 1 月はかちかち山勉強法ということで無理矢理帳尻を合わせたけど、これはみんなに参考にしてほしくないよな(笑)。

[ 15:36:15] Y 君 : 絶対おすすめしません(笑)。

[ 15:37:25] 私 : 演習結果から、中央、関西はまず負けない。明治も大丈夫。早稲田は 2 月の試験ギリギリまでやって届くかどうかという感じだったもんね。 * [27]

[ 15:38:14] Y 君 : 早稲田は常にボーダーギリギリの戦いでしたからね。

[ 15:38:23] 私 : うん。

時間配分は本当に難しい

[ 15:38:40] 私 : 時間配分の厳しさは過去問を研究してない人は分からないだろうよ。

[ 15:39:01] 私 : 設問分析を一年間徹底して、それでも勝負できるかどうかだもんな。

[ 15:39:10] Y 君 : はい。

[ 15:39:43] 私 : 確実に合格できるとは言えないもんね。出来るだけミスを減らすために練習したけどさ。

[ 15:40:35] Y 君 : そうですね、どれだけ盤石にしようとあのレベルに「絶対」ないですからね。

[ 15:40:52] Y 君 : 「絶対」はないですからね。

[ 15:40:56] Y 君 : 失礼しました。

[ 15:41:20] 私 : うん。「ゼッタイ」は「ゼッタイない」ね(笑)。

[ 15:41:31] Y 君 : ですね(笑) 。

[ 15:41:50] 私 : では、激闘!受験編にいきましょうか(笑)。

[ 15:41:57] Y 君 : はい(笑)

激闘!受験編

[ 15:42:14] 私 : もう、思い出すだけでも泣きそうなんですけどね(笑)。

[ 15:42:27] Y 君 : ううん、そうですね~

[ 15:42:33] Y 君 : (笑)

[ 15:43:02] 私 : 関西はまあ、ならし運転、中央はとった感触があって悪くなかったんだよね。

[ 15:43:09] Y 君 : はい。

[ 15:43:52] 私 : 東京もずっとウィークリーマンションで、移動の負担もすくなかったし、環境は悪くなかった。

[ 15:44:15] 私 : 途中で、女の子を連れ込んでいるんじゃないかと心配して何回か訪れましたが(笑)。

[ 15:44:27] Y 君 : 連れ込んでません(涙)

[ 15:44:47] 私 : 衝撃写真あったじゃん、ベッドにフルーツ(笑)。みんな爆笑してたぞ(笑)。

[ 15:45:33] Y 君 : 確かにベッドはおかしかったですが、あの部屋しか取れなかったんです(涙)

[ 15:46:00] 私 : まあ、早稲田法学部の時が一番きつかったね。

[ 15:46:07] Y 君 : はい。

[ 15:46:10] 私 : 足がね。 * [28]

破れざるもの 本当に諦めない 思考停止しない

[ 15:46:24] 私 : タクシー調べるときは焦りましたよ。

[ 15:46:44] 私 : あそこから良く持ち直したよ。本当に。

[ 15:47:02] Y 君 : まぁ本当にたいへんでした。

[ 15:47:07] 私 : 別室受験なんかしたら、そのあとリカバーするのは本当に難しいからね。

[ 15:47:45] 私 : でも、そのあと、すぐ筋トレしたら、血行良くなるからってダンベル実家から送ってもらったじゃない。

[ 15:48:31] 私 : ああ、凄いなこの子はっておもったよ。最期まであきらめないっていうのは簡単だけど、それを思考停止の言い訳にする人が多い中で、君は本当に最期まで考え続けたからね。

[ 15:50:00] Y 君 : 進度表に記入してたおかげですかね。悪い原因とか、どのくらいで治るとか、もうだいたいのことはわかってたんで。

[ 15:50:27] 私 : うん。良いことも悪いことも記録したからね。君は。それに気づかない人多いんだよ。

[ 15:50:51] Y 君 : だから、当たり前のように親に連絡をしたんです。

[ 15:51:09] Y 君 : 結局記録ですね。

[ 15:51:12] 私 : うん。

[ 15:52:15] 私 : 対談読んでるみなさん。記録をつけるってのは、本当に大事なんですよ。これは、強調しておきたいです。 * [29]

ギリギリでの決断

[ 15:52:44] 私 : 商学部、社学は受かる可能性が最後かなり見えてきたから、政経きったじゃない。

[ 15:53:05] 私 : あれも、正しい決断だったよな(笑)。あのときにテクニック確認したのはでかかったよ(笑)。 * [30]

[ 15:54:10] Y 君 : そうですね(笑)。

それと、一呼吸置きたかったのもありますし、三連戦になるのはできれば避けたかったんですよ。

[ 15:54:27] Y 君 : 文化構想はそれで負けました。 * [31]

[ 15:54:29] 私 : うん。体力的にはやっぱり限界だったよね。

[ 15:54:57] 私 : 今だから言えるけど、片方は 80 %超えてたからね。

[ 15:55:09] 私 : 途中で力尽きたんだよ。

[ 15:55:18] Y 君 : ああ、やっぱり。

[ 15:55:30] Y 君 : ですよねー

[ 15:55:32] 私 : うん。

[ 15:55:55] 私 : 日程も凄い数ミーティングしたんだけどね。 * [32] やっぱり万全ってことはないね。

[ 15:56:26] Y 君 : ないですねー。何が起きるかわかりません。

[ 15:56:36] 私 : うん。

努力が無駄だったと言わせたくないから、結果が欲しかった。

[ 15:57:08] 私 : 早稲田商学部が受かったときは嬉しかったな。

[ 15:57:12] 私 : 本当にさ。

[ 15:57:43] 私 : 今までの君の努力が無駄にならなかったことと、今までの生徒が間違ってなかったってね。君はやっぱりエースだったよ。

[ 15:58:44] Y 君 : いや、もう結果を出せて本当によかったです。ここまでやってきたのに、それが認められないということだけは嫌だったので。

[ 15:59:49] 私 : 結果以外で、やったことを認められないからね。だから結果が欲しかったんです。

[ 16:00:09] 私 : 君らの努力が無駄だったとは絶対に言わせたくなかったからね。

[ 16:00:49] 私 : 私らがどんだけ歯を食いしばってやってきたなんかわからないだろうけどね(笑)。本当に大変だったんですよ(笑)。読んでくれている皆さん(笑)。

[ 16:02:08] 私 : 合格は大事だよ。私はプロだからさ。でも、それ以上に結果を得るために考えて、努力してということに価値があることはやっぱり感じてもらいたいからね。

[ 16:02:40] 私 : だから、体調悪くても、その中で出来ることを考えた君の合格は嬉しかったんだよ。

[ 16:02:45] 私 : 本当にさ。

[ 16:03:03] 私 : おし、じゃあ、ぼちぼちまとめに入ります。

[ 16:03:12] Y 君 : はい。

進度表は君にとって何だった?

[ 16:04:45] 私 : みんなに聞いているんだけど、 Y にとって進度表はどういうものだったかな?私の所の特徴は幾つもあると思うけど、一番特徴的なのは進度表の存在だと思うんだよね。

[ 16:05:12] 私 : 君の進度表はある種の完成型だと思います。まあ、つけた人以外わからないとは思うけどさ(笑)。

[ 16:05:30] Y 君 : ああ、確かにわからないでしょうね(笑)。

[ 16:09:06] Y 君 : そうですね、自分にとって進度表とは良くも悪くも自分自身を反映してるものだと思うんです。だから、それを通して如何に合格という目標を達成できるようにするかというツールだと思ってます。

[ 16:10:27] 私 : 細かく反省して、その結果を翌日に生かして、一週間単位でもみて、翌週に生かして、一ヶ月単位でみて、翌月に生かしてって本当に細かくやったもんね。

[ 16:10:57] 私 : 君は勉強でも仕事でもこれだけ管理出来たら何でも出来るよ。

[ 16:11:09] 私 : 君の進度表で印象に残ってる台詞があってさ。

[ 16:12:36] 私 : 「人間的に生きるためには、ある意味非人間的にまで管理しないと自由は得られない」ということを書いてたじゃない。

[ 16:12:47] Y 君 : ああ。

[ 16:12:51] Y 君 : ありましたね。

[ 16:12:54] 私 : ああ、こんなレベルまで行ったんだなと感動しました。

[ 16:13:13] 私 : 進度表の意味を、多分、君は分かったと思うんだ。

[ 16:13:28] 私 : それは、教えてきた中でいちばんだったね。君が。

[ 16:13:57] 私 : んじゃ、最期に後輩たちに激励のメッセージをもらえると嬉しいです。

[ 16:14:23] Y 君 : 激励のメッセージですか。

[ 16:14:51] Y 君 : ううん、ちょっと待ってください(笑)。

[ 16:15:36] 私 : うん(笑)。

夢を抱くな、現実を見ろ

[ 16:16:42] Y 君 : ええとですね、最初に纏めちゃいましょう。 「夢を抱くな、現実を見ろ」です。

[ 16:18:36] Y 君 : ものすごい厳しい言い方してますが、僕自身、高い目標意識があったから、合格できたとは全然思ってませんし、そう勘違いしてほしくないんです。

[ 16:19:14] 私 : うん。

[ 16:22:54] Y 君 : 受験生すべての人に能力差があることは否めません。 その自分の実力、つまり現実を見て、その中で最大限自分が達成できるかもしれない、そんな目標に向かっていけばいいんじゃないかと思います。

[ 16:23:07] 私 : うん。

[ 16:23:10] Y 君 : なんでもいいと思います。

[ 16:23:41] 私 : 実際、 Y 君は勉強に関して天分があったしね。ただ、その中で目標を実現するために、現実をみて、その中で出来る最大限の努力をしたからね。現実を見て、あきらめるんじゃなくて、その中で現実的に出来る範囲での努力をしたんですよ。対談読んでる受験生、凄く大事な事言ってくれてるんだよ。(笑)目標が高くて、現時点の実力が低いなら、前から準備しろとか、そういうことも含んでるんだからね。あきらめろって言ってるわけじゃないよ(笑)。 * [33]

[ 16:27:06] 私 : ま、でもこれは勉強してない人には、伝わりにくいだろうね~(笑)。一応補足いれたので、みんなわかってくれるんじゃないかと思います(笑)。

[ 16:27:44] Y 君 : すいません、遠回しな言い方しかできないので(笑)。

[ 16:28:19] 私 : いや君がどれだけ努力してきたか読んできた人も分かると思うよ。

[ 16:29:27] 私 : 希望の奴隷になるなって事だからね。現実は厳しいけど、その中で出来ることはあるってことを言ってるんだからさ。読んで分かってくれる人が一人でもいると嬉しいよね。間違い無く君は自分が努力することで、自分を変えたんだからね。

[ 16:29:31] 私 : ありがと。

[ 16:29:44] 私 : また、セッションしようぜ(笑)。

[ 16:29:53] Y 君 : はい(笑)

[ 16:30:12] 私 : また、原稿できたら送ります。

[ 16:30:26] Y 君 : あ、わかりました。

[ 16:30:42] 私 : では。また。

[ 16:30:59] Y 君 : はい、どこかで。

[1] ハイ・ソサエティ・オーケストラ 早稲田のビッグバンドのサークル

[2] モダンジャズ研究会 多数のプロを輩出したことで有名。

[3] 彼の場合は 8 月途中からエイ・キューブドに移籍。夏期講習も途中からの参加だった。

[4] その当時は日本史だった。

[5] 浪人時代のピークが第 2 回全統記述模試の総合偏差値 71.4 。 30 近くの上昇。

[6] 値差値 70 オーバーが 5 人。 7 人しか政経履修者がいないクラスとしてはレベルが高かった。

[7] 途中入塾のために、補習をせざるを得なかった。スタートが早かったら現役でも早稲田合格は可能だったろう。

[8] 実際、浪人時代は政経に費やした学習時間は全体の勉強時間の 10 %程度。英語、現代文などで政治、経済の話題が出題されやすいことも受験に有利に働いた。

[9] 一日 6 時間内職が普通だった。

[10] 現役生のリズムが狂うのはいつも学校行事。他の対談もご覧下さい。

[11] 模擬試験と実際の過去問は出題形式が全く異なる。実際、長文に殆どの配点がある早稲田の英語と、文法、英作、和訳など多角的な英語の力を見ようとする模試と入試問題では意図するところが異なることを留意されたい。

[12] 論理的な問題が得意だった。これは彼に天分があったことも間違い無い。

[13] エイ・キューブドでは英語を語順通り読みこなすための手法を直読直解と呼んでいる。

マスターするために徹底的に音読した。時間が足りないのはこの時点でハッキリしていた。

[14]2008 年 8 月 7 日から 2010 年 2 月 22 日までの学習時間が 201204分。 2 年からなら充分こなせる学習時間だった。普通より学習時間が少ないのは効率良く勉強したことと、彼に適正があったことも大きい。

[15] 本当ですってば。

[16] 実際、時間が全く足りなかった。

[17] 時間が無い以上、優先順位をつけることは必須だと考える。進度表をつけていくと優先順位も見えてくる。

[18] 自分の生活リズム、間違えた箇所、原因、食事なども記録した。

毎日反省して、翌日に生かした。『現実をみろ』と後で彼が述べているが、毎日記録していくと自ずと出来ること、出来ない事が分かるからだ。

[19] 問題解法のテクニックはあったが、暗記物が仕上がっていなかったので、前半は大量に演習するように学習計画を立てた。レベルが同じ程度の問題集を集め、大量に演習した。

[20] 誠心誠意お子様と努力します。入塾を心からお待ち申し上げます。

[21] 密度が高い勉強に加え、家での学習という孤独な環境でもあった。受験勉強だけではなく、孤独との戦いという一年でもあった。

[22] 伝統です。みなにあだ名がつけられます。

[23] こんな 10 代いたら嫌だ。本当はまじめな生徒ですよ。

[24] 夙川学院短期大学進学。あだ名はフードファイター。

[25] エイ・キューブドでは暗記科目は生徒同士でペアを組ませる。これによってリズムも作れる。

[26] 学校行事に時間を取られる現役生がまとまって勉強出来るのが夏くらいしかないので、文字通り朝から夜まで授業となる。エイ・キューブドではオンラインでの授業で、それぞれの進度状況をクラスチャットに報告してもらうので、他の生徒の学習状況も同時にわかるようになっている。プレッシャーも大きいが、全員で頑張ってるいる感覚を味わうことは必要だと考える。特に浪人生は現役生を引っ張ることを期待されるので、プレッシャーも大きかった。

[27]7 実際、関西、明治、中央、早稲田と過去問演習の結果通り合格した。過去問との相性のほうが偏差値より合格の関連性は高いと考える。

[28] 足の具合が悪く、試験会場まで歩けない状態だった。

[29] 本当に大事です。

[30] 合格可能性が高い商学部と社学に学習時間を突っ込むために、政治経済学部の受験をやめて、テクニックを確認することと過去問でのミスを分析し直した

[31] 疲労のあまり、国語は半分眠っていたとのこと。

[32] ミーティングは多かった。学習上だけではなく、日程も大きく影響することが分かっていたため。一番相性が良かった中央大学の法学部は日程の都合上切らざるを得なかった。

[33] 彼の進度表をみたらどれだけ細かくやって、厳しく自分を見つめたか分かると思います。


学習計画相談受け付けています。詳細な情報あったほうが、お答えできますが、簡便なものならtwitterでしてくれたらお答えします。細かい話ならDMですればいいですしね。メールアドレスは抵抗あるだろうし。

ノザキ塾のサイトはこちら。まったくデザイン性考えてないんだよな、みにくくてすみません…